長い目でみて心穏やかに過ごす方法

新卒入社当時、希望の部署に配属されず、物凄くストレスフルな時期がありました。
お酒や爆買いに頼ったこともありましたが、もちろん一時的に気が紛れるだけで、根本的には何も解決しませんでした。
そんな私が見つけた、長期的にストレスフリーでいられる方法は、心の拠り所をたくさん作ることです。

自分の部屋、静かな図書館、お気に入りのカフェや居酒屋、友達や会社の同僚、犬と遊ぶ時間、カナダのお父さんとの電話など、落ち着ける空間をたくさん作るようにしています。
そうすることで、自然と困った時の相談相手も増えていくからです。
誰か1人に頼り過ぎてしまったり、部屋にこもりすぎたり、どこかで浪費し過ぎるのもよくないです。

何事もほどほどが一番なので、5個以上の選択肢があると心と体のバランスが取れます。
そのおかげで、なんとか平穏を取り戻しました。
驚くことに、入社して3年の月日も経ちました。
もう限界だと思うこともなく、程よく気分転換ができています。

私が普段ストレスを感じることが多いのは、子育てでの事です。
私の子供は今、小学3年生です。発達がゆっくりなので、支援級(知的)に在籍しています。
知的級在籍となると、将来高校には行けるのか、自立できるのかがいつも悩みの種です。

私の住む地域では、そういう子の情報交換の場として、親の会があります。
そこで様々な話を聞いたり、悩みを聞いてもらったりする事が1つのストレス解消法です。
ただし、これは同じようなお子さんを持った方で、似たような経験をされてる方とじゃないと、余計ストレスが溜まります。

親の会も、頻繁に開催されている訳ではないので、開催される前にストレスが溜まってどうしようもない、その様な時は、私はお風呂場やトイレで独り言を言います。
はたからみると「怪しい人」に見えるのですが、独り言をいう事で、自分がどうしたいのか、何がしたいのかがハッキリ見えてきます。
これが、私の一番のストレス解消法かなと思います。

よりキレイを目指す“あなた”にお勧めしたい脱毛器♪

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です